<<ニュース>>

このニュース及び上欄の<【活動へ】【見学・講習へ】の本文中 でで表示されたものが新規内容です。また事項以下で アンダーラインをクリックすると直接詳細を見ることもできます。

左官屋さんのロゴは日本左官業組合連合会及び東京都左官職合連合会のホームページのロゴを許可なく使用しております。

講習会等イベントの情報をリストします。詳細は主催者へ問い合わせ下さい。 (X24.04.4)
年月日   内容、場所、主催者等
6月入学生:募集2024.4.5-4.26 都立城東職業能力開発センター住宅内外装仕上科 選考日は5/10、詳細は直接学校へ 東京都足立区綾瀬45-6-1 問合せ:03-3605-6146
2024.4.13-2025.3.25 なんとかせにゃあクロニクル ―伊奈製陶100年の挑戦― 伊奈製陶からINAXに至るものづくりの歴史を、歴代長三の急須類や初之烝親子による発明品、国産初の温水洗浄機能付便器、当時の最先端技術FRP(ガラス繊維強化プラスチック)素材の浴槽の展示します。
  入場料:700円共通入館料にて観覧可 場所:「土・どろんこ館」 〒479-8586愛知県常滑市奥栄町1-130 TEL0569-34-8282
2023.10.21-2024.5.14 帝国ホテル煉瓦製作所― フランク・ロイド・ライトのデザインに挑んだ常滑の職人 ― アメリカの建築家フランク・ロイド・ライト(1867-1959)の代表作の一つとして知られる帝国ホテル旧本館(ライト館)の膨大な数と高度な造形の要求に挑み応えたのが、愛知県常滑の職人たちです。竣工から100年目を迎えた今年、ライトのデザインに挑んだ常滑の職人とその技に光を当ててご紹介します。
  入場料:700円共通入館料にて観覧可 場所:「INAXライブミュージアム」「窯のある広場・資料館」2階 〒479-8586愛知県常滑市奥栄町1-130 TEL0569-34-8282
毎週土曜日(GWのみ金曜日開催) 「ギャラリートーク」今こそ語ろうモザイクタイル-現代タイルの担い手たちは何を考えているのか- 第1回 3月30日(土)日本人はタイルをどう使ってきたか?終了しました。、第2回 4月6日(土) タイルの様式-湿式と乾式-、第3回 4月13日(土)床タイルのことを知っていますか? -私たちの日常の足元-、第4回 4月20日(土)世界の中での美濃焼タイル-日本のタイルはどう見られているか?-、第5回 4月27日(土)タイルの里に降り立った私
  入場料:310円 場所:「多治見モザイクタイルミュージアム」 〒507-0901愛知県多治見市笠原町2082-5 TEL0572-43-5101
3.23-7.7 江戸東京博物館コレクション〜江戸東京のまちづくり〜 都市のなかの一断面を切り取ってみました。郊外にまで延びた電車やバスを利用する私たちですが、交通手段のなかにも探るべき歴史があることを感じていただければと思います。
 入園料:400円 主催:江戸東京たてもの園参加は自由です。
2024.1.4-5.26 くらやみ-夜と眠りのフォークロア- 電灯以前の生活において夜はまさにくらやみです。くらやみは人々の暮らしに大きな影響を与えました。本展示では灯火具や寝具を展示するほか、夜に関する風俗を通して、かつての人々が夜をどのように捉えて過ごしていたかを紹介
 入園料:500円 場所:川崎市立日本民家園 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 生田緑地内
2024.4.29 14:00- 古民家めぐり(建築) 各エリアの古民家の建築上の見どころなどを、建築担当職員が解説します。途中の出入りも可能です。
 入園料:500円 場所:川崎市立日本民家園関東の村•集合場所は太田家前 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-1 生田緑地内
2022.4.1終了しました。 - 大規模改修工事による休館(期間:令和4年4月1日~令和7年度中予定)後の開催を予定しております。
 入場料:1350円 場所:江戸東京博物館 〒130-0015 東京都墨田区横網1-4-1
2024.3.2-5.19 鉋台をつくる―東京における台屋の成立と発展 やまあさ伊藤商店店主の伊藤宗一郎さん(1922-2017)の仕事を中心に「台打ち」の技を紹介します。
 入場料:500円 場所:竹中大工道具館1Fホール 〒651-0056神戸市中央区熊内町7-5-1
2024.4.19-7.11 建築家・吉村準三の眼(まなざし)― アメリカと日本 ― ニューヨーク・ハイラインの植栽デザインや 世界中のランドスケープデザインで知られるガーデンデザイナーのピート・アウドルフを、オランダの自庭でのインタビュー等を通して、四季折々の景色を魅せるアウドルフの庭を紹介します。
 入場料:無料 場所:ギャラリーエークワッド 〒136-0075 東京都江東区新砂1-1-1 竹中工務店東京本店1F 東京メトロ東西線 東陽町 3番出口 徒歩3分
2024.1.11-3.10終了しました。 フランク・ロイド・ライト世界を結ぶ建築 フランク・ロイド・ライト(1867-1959)は、落水荘やグッゲンハイム美術館の設計で知られるアメリカ近代建築の巨匠です。東京の帝国ホテル(1923年竣工)でグローバル・アーキテクトの地位を確立。その未来への提言を精緻で華麗なドローイングにご覧いただきます。
 入場料:1,200円 場所:パンソニック汐汐留美術館 〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階 JR新橋駅「汐留口」「銀座口」「汐留地下改札」より徒歩約8分
 3月17日(日)に『日曜左官』を開催し、土の中塗りを行いました。講師には上野さんにお願いしました。今後の予定は、4月28日(日)及び5月5日(日)に開催します。(X24.04.4)
 3月19日に日左連広報委員会がが開催されました。2024.3-4#737号の問題点、2024.5-6#738号の記事について討議されました。(X24.04.4)
 3月12日に東左連運営委員会が開催されました。役員改選、第59回左官技能競技大会(令和7年9月開催)、令和6年度役員/予算について討議しました。(X24.04.4)
 2月26日に東左連技能開拓委員会が受湯職業能力開発センターで開催されました。第59回左官技能競技大会(令和7年9月開催)の会場下見及びイベント等について討議しました。(X24.04.4)
 3月18日に東左職連理事会が開催されましたが、所用の為欠席しました。国民健康保険関連、職連設備歌集当について討議されました。(X24.04.4)
 3月18日に東左職連青年部平成会が開催されました。チリ箒作成講習会、日左連青年部郡山総会について討議しました。(X24.04.4)
 3月10日に「山鳴庵保全活動」として日本語学校の生徒さん向けの薄茶体験を開催しました。今後の予定は4月14日(日)及び5月12日(日)に開催します。(X24.04.4)
 2月14-16日に、沖縄を訪問し古い建物を見学しました。(X24.03.1)
具志川城跡:沖縄本島南端の喜屋武岬に位置する、歴史ある国指定史跡です。正確な居城年代は不明です。城壁は高さが5~10mあり、陸続きの東側の城門は切石積みで、さらに崖を沿って野面積みの石垣がめぐらされています。
斎場御嶽(せーふぁうたき):琉球の最高神女「聞得大君」の就任式「お新下り(おあらおり)」が行われた最高の聖地でありまた、王国の繁栄と五穀豊穣を祈願する東御廻りという行事も執り行われました。世界遺産の一つです。
中村家住宅:1972年(昭和47年)復帰と同時に国指定重要文化財に指定された戦前の沖縄の住居建築の特色を全て備えている建物です。柱の材質は当時の農民に使用できなかったイヌマキ、モッコクが使われています。屋根は本瓦ぶき(明治中頃まで竹茅葺)、漆喰塗りで、屋根の上に魔除けのシーサー(獅子)をおいています。
識名園(しきなえん):1799年に王族の別邸として造られました。保養地として使われただけでなく、中国の王からの使いの人たちをもてなす場所としても使われました。沖縄県内で唯一の特別名勝で世界遺産の一つです。
波上宮:創始年は不詳であるが、遙か昔の人々は洋々たる海の彼方、海神の国(ニライカナイ)の神々に日々風雨順和にして豊漁と豊穣に恵まれた平穏な生活を祈った。琉球八社(官社)の第一に位(くらい)となり明治御代に官幣小社に列格した沖縄総鎮守です。
旧崇元寺(そうげんじ)石門:臨済宗の寺で創建は1527年と推測され、第一門及び石牆(せきしょう)は、国指定重要文化財で正面中央部の石造拱門(アーチ門)と周囲を巡る石垣をいい、門口には木製の扉が取り付けられています。
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん):1519年につくられた琉球固有の宗教建築物です。扉を除きすべて石づくりの門で、うしろにある森は、聖なる地とされており、国王が出かける時に、旅の安全を祈りました。世界遺産の一つです。
玉陵(たまうどぅん):琉球王国の王族の墓で、1501年ごろつくられました。墓は、中室・東室・西室に分かれています。石づくりで独特のデザインのお墓です。2018年、建造物として国宝に指定され世界遺産の一つです。
具志川城跡(1) 具志川城跡(2) 斎場御嶽(1) 斎場御嶽(2) 中村家住宅 識名園 波上宮 旧崇元寺石門 園比屋武御嶽石門 玉陵
 建築士法第23条の6の規定により、建築士事務所の開設者は、事業年度ごとに、「設計等の業務に関する報告書」を都道府県知事への提出の義務付けに基づき、1月59に神奈川県建築安全課に報告書を提出し、受理されました。(X24.2.1)
合わせ、いにしえの横浜・関内及び桜木町を散策し横浜総鎮守の伊勢山皇大神宮と成田山横浜別院延命院をお詣りしました。
神奈川県庁舎:関東大震災で焼失した旧県庁舎が昭和3年(1928)10月31日に完成した。塔屋は「キングの塔」として親しまれており、2019年には重要文化財に指定された。
横浜商人の商店建築:新庁舎改修・増築工事の際に切り石基礎と瓦敷きが出土した。この場所には、 横浜を代表する商人のひとりである渡辺福三郎の店舗等が立地していました。
日本人商社の 煉瓦遺構:明治時代に建てられた開通合名会社の 社屋の一部のの遺構が、神奈川県庁舎近くにあります。社屋は、レンガと石を組み合わせた外壁をを設えていました。 この遺構は1階中央部分の 出入口と右側の窓部分及び右側側面の壁の一部です。
横浜市開港記念会館:開港50周年を記念して、 大正6年7年に開館したが、関東大震災によって一部が焼失し昭和2年と平成元年に復旧工事が行われ創建時の姿に復元されました。腰石まで花崗岩積みで、1・2階は赤い化粧煉瓦と白い花崗岩を積み上げた辰野式フリークラシックスタイルで、古典主義を自由にアレンジしています。
岩亀楼の石灯籠:横浜公園一帯は江戸時代の末期までは 海で、安政3年(1856年)に埋立てられ 、その中に岩亀楼などが開業し国際社交場(遊郭)として栄えた。
日本ガス事業発祥の地:明治三年、高島嘉右衛門によって中区花咲町のこの地(当時の伊勢山下石炭蔵前)にガス会社が設立された。
神奈川奉行:横浜港が開港された安政6年(1859年)に設置された。奉行役所は戸部村宮ヶ崎(同西区紅葉ヶ丘、現・神奈川県立青少年センター)に奉行役所を置き、内国司法・行政の事務を取り扱い、最大時で1000人を超えたとされる。
伊勢山皇大神宮:横浜の総鎮守で、明治3年(1870年)武蔵国の国司が勅命によって伊勢神宮から勧請したと伝わる。
成田山横浜別院:開港した横浜への移住者の中には成田不動尊を信仰する者が多く、1870年(明治3年)、高島易断で知られる高島嘉右衛門の協力により、大本山成田山新勝寺の横浜別院として建立された。その後、1893年(明治26年)、成田山横浜別院延命院となる。

神奈川県庁舎 商店建築の遺構 商社の 煉瓦遺構 開港記念会館 岩亀楼の石灯籠 ガス灯の始め 神奈川奉行所跡 伊勢山皇大神宮 成田山横浜別院
 1月5日に築地本願寺に初詣に参内しました。合わせ鳩の森八幡神社に伺い富士塚の登山をしました。(X24.02.1)
築地本願寺:江戸時代の明暦の大火(振袖火事)により本堂を焼失し、八丁堀沖の海を埋め立てて土地を築き1679年に再建したが、関東大震災では、再び伽藍を焼失した。現在の本堂は1934年の竣工し、古代インド様式をモチーフとした建物で伊東忠太による設計である。当時としては珍しい鉄筋コンクリート造で、大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳で、築地の街の代表的な顔である。本堂、石造門柱及び大谷石の石塀が重要文化財に指定されている。
    
鳩の森八幡神社の富士塚:寛政元年(1789年)築造とされる富士塚は移築などが行われていない都内に現存する富士塚の中では最古のもので東京都の有形民俗文化財に指定されています。山裾の御影石の里宮(浅間社)また山頂にボク石で覆われている奥宮等富士山を再現しています。円墳形に土を盛り上げ、富士山の溶岩は頂上近くのみ配されて、頂上に至る登山道は自然岩を用いた階段となっています。
   
 11月2日に横浜を散策しました。ニューグランドホテル、山下公園・インド水塔、氷川丸を見学しました。(X23.12.1)
ニューグランドホテル:1927年(昭和2年)の開業時に銀座和光などを設計した渡辺仁によるもので、マッカーサー元帥やチャーリー・チャップリン、ベーブ・ルース等の著名人が宿泊し、1992年(平成4年)に横浜市認定歴史的建造物となり、また2007年(平成4年)に近代化産業遺産の認定を受けた横浜・山下公園前のランドマークです。
山下公園・インド水塔:1930年(昭和5年)に瓦礫処分場として埋め立てられた場所の上に山下公園が開園した。そして1939年(昭和14年)に、横浜市民への感謝と同胞の慰霊のために在日インド人協会が山下公園内に建立・寄贈した。老朽化、創建当時は久住有生さんが施工し、近年の台風で屋根の一部が破損が進んでおり、2022年〜2023年に東左職連傘下の左官屋さんにより改修工事]が行われた。
氷川丸:日本郵船が1930年(昭和5年)に竣工させた日本の12,000t級貨客船で、北太平洋航路で長らく運航された。国の重要文化財(歴史資料)に指定されている。
   
 11月20-22日に、2000(平成12)年世界遺産に登録された「琉球王国のグスク及び関連遺産群」9箇所の内6箇所を見学しました。(X23.12.1)
識名園(しきなえん):1799年に王族の別邸として造られました。保養地として使われただけでなく、中国の王からの使いの人たちをもてなす場所としても使われました。沖縄県内で唯一の特別名勝です。
勝連城跡(かつれんじょうあと):12~13世紀につくられた城で、沖縄島中部の東海岸一帯を一望できる場所にあります。有力な按司の阿麻和利が住んでいました。阿麻和利は、王位をとるために首里城を攻めましたが、破れほろびました。
中城城跡(なかぐすくじょうあと):勝連城主の阿麻和利をけん制するために、座喜味城主の護佐丸が、15世紀の前半頃につくった城です。
園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん):1519年につくられた琉球固有の宗教建築物です。扉を除きすべて石づくりの門で、うしろにある森は、聖なる地とされており、国王が出かける時に、旅の安全を祈りました。
首里城跡(しゅりじょうあと):1429年に3つの小さな国が統一されて琉球王国となりました。その国王が住んでいた城で、政治や文化の中心地でした戦争で焼失した正殿や破壊された城郭等を含むすべての復元整備(工事が完了しましたが、その年に正殿や北殿などが焼失しました。現在、再建工事が進められています。
玉陵(たまうどぅん):琉球王国の王族の墓で、1501年ごろつくられました。墓は、中室・東室・西室に分かれています。石づくりで独特のデザインのお墓です。2018年、建造物として国宝に指定されました。

識名園 勝連城跡 中城城跡 園比屋武御嶽石門 首里城跡(1) 首里城跡(2) 首里城跡(3) 首里城跡(4) 玉陵
 11月6日に増上寺にある徳川家霊廟を見学しました。(X23.12.1)
戦災にて焼失した旧徳川家霊廟は、現在の大殿南北(左右)に建ち並ぶ壮麗なものであったと伝えられています。1958年(昭和33年)に、文化財保護委員会が中心となって、綿密な調査が行われた後、現墓所に改葬されました。写真は、かつては6代将軍・徳川家宣の霊廟(文昭院霊廟)の中門だったものを移築した徳川将軍家墓所・鋳抜門及びは家茂公と並んで静寛院宮の宝塔祀られていました。
  
合わせ、増上寺旧方丈門を見学しました。極彩色の彫刻を引き立てるなどの役割を果たしていた黒漆塗りであったため「黒門」と通称されている。江戸時代初期の特徴を示す様式から、17世紀後半の築と推測され、大門とともに港区の有形文化財に指定されています。

 10月30日に東京文化財ウィーク2023のイベントで増上寺山内の廣度院【こうどいん】で「練壁」の解体現場及び漆喰/練塀体験が開催され、見学しました。(X23.11.1)
江戸時代から存在する貴重な廣度院の練塀の解体調査を行っており、棟梁家(甲良家)が江戸城•増上寺で構築する土塀を「練塀」として「本途帳」が示す構造の「練塀」本途帳に記された練塀の内部構造と一致する発見がありました。現在も様々な調査が行われていますが、調査期間中の今年限定で内部構造が公開されました。
  
 10月15日に川越を散策しました。(X23.11.1)
喜多院:慈覚大師仁により創建され、慶長17年(1612)に徳川家康の命で天海大僧正が堂塔伽藍を建造しましたが、寛永15年(1638)に起きた川越大火により、現存する山門を除き、堂宇はすべて焼失してしまいました。そこで同年、江戸城紅葉山(皇居)より客殿、書院等を移築しました。
仙波東照宮:日本三大東照宮の一つであり、天海僧正により寛永10年(1633)に社殿を造りました。川越大火により社殿は焼失しましたが、寛永17年(1641)に再建されます。
川越本丸御殿:現存する建物は嘉永元年(1848)に建てられ、天守閣が無い川越城の天守閣代わりの富士見櫓の跡があります。
三芳野神社:越城内の鎮守として再建され「お城の天神さま」として信仰され、城内にあり一般の人の参詣が難しいのことで童唄「通りゃんせ」に歌われています。
氷川神社:川越城の乾(神門)の方角に鎮座していたことから城下の守護神として崇敬した神社で、川越の総鎮守です。秋の大祭に神輿や獅子頭などの祭具を寄進し、祭礼を行うよう奨励し、現在では『川越まつり』としてに開催されています。
喜多院慈眼堂 山門 仙波東照宮 川越本丸御殿 富士見櫓跡 三芳野神社 参道 氷川神社 山車の宮入
あわせて『川越祭』を見学しました。
川越まつりは、国指定重要無形民俗文化財/ユネスコ無形文化遺産登録されており、江戸の神田明神、赤坂日枝神社などの天下祭の影響を強く受け、精巧な人形を乗せた絢爛豪華な山車が、小江戸川越の象徴である蔵造りの町並みを中心に、町中を曳行します。

 9月20日(水)に『日曜左官』を開催し、土壁施工挾土修平さん施工の日本化成ショールーム及び久住章さん施工のパーマ屋の外壁、虎屋の壁及び浅草の神谷バーと東武・浅草駅を見学しました。しかし、久住章さん施工の銀座大分アンテナショップの壁・床・竃はビルの立替のため見学できませんでした。(X23.10.1)

日本化成ショールーム1 日本化成ショー
ルーム2
パーマ屋外壁 虎屋・1階入口 虎屋・2階売店正面 虎屋・2階
久住章・有生施工
虎屋・2階使用鏝 浅草・神谷バー
外壁
東武・浅草駅舎
 8月6日(日)に『日曜左官』を開催し、土壁施工の見学を行いました。挾土修平さん施工の新宿0101の外壁/銀座ペニンシュラホテルのレシプと階段及び久住有生さん施工の銀座NISSANショウルームのエレべーターホール内壁を見学しました。今後の予定は9月20日(日)は土壁施工の見学及び9月17日(日)に実技を開催します。(X23.9.1)
挾土施工1 挾土施工2 挾土施工3 久住有生施工
 8月9日に流山市・近藤勇陣屋跡の土蔵壁面の土壁剥がしを行っていました。当初の工事計画は、壁面の漆喰剥がしでしたが、土蔵の完全修復を行うための作業です。(X23.9.1)

 令和5(2023)年8月6日に東京国際フォーラムで開催されている『ものづくり匠の祭典2023』を見学しました。当日は、東左連の阿嶋さんがブースでの説明、また八幡さんと木村さんがしっくい工法のデモンストレーションがメイン会場で行われました。(X23.9.1)

< 令和5(2023)年8月5日、東左連技能開発委員会が飯田橋・東左連会議室で学科講習会を開催し、技能検定インストラクターとして講義をしました。約30名が出席していました。(X23.9.1)
7月15日に東左職連青年部平成会総会がが開催されが出席しました。全会一致で議案が承認されました。(X23.8.1)

 7月23日に横浜市都筑区牛久保にある平成元年に建築のO邸の耐震診断をしました。(X23.8.1)
 7月12日に富士吉田を散策しました。(X23.8.1)
【ふじさんミュージアム】
2013年、富士山は「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されました。ふじさんミュージアム-富士吉田市歴史民俗博物館-では、メインテーマとして富士山信仰に関する資料を展示されています。
【北口本宮富士浅間神社】
富士吉田市にある神社で、登山吉田口登山道の起点にあたり、「富士山域」の一部として世界文化遺産に登録されている。
【旧外川家住宅】
旧外川家住宅は明和5年(1768年)に主屋が建てられ、幕末に裏座敷が増築され、当時の姿を残す貴重な建物です。建物内には富士山の神を祀る神殿が備わり広い客室が設けられるなど御師の家の暮らしぶりをうかがい知ることができます。
【金鳥居】
静岡県駿東郡小山町須走にある神社。富士山須走口登山道の起点に鎮座する。
【東口本宮冨士浅間神社】
静岡県駿東郡小山町須走にある神社。富士山須走口登山道の起点に鎮座する。
【新屋山神社】
1534年に創建された新屋山神社は、水源や森の近くで原生林が繁茂する小高い丘にあり、古くから山を守る神、産業の神として地域の林業、農業に携わる人々から大工さん等の職人さんにまで信仰されてきました。
ふじさんミュージアム 北口本宮富士浅間神社 東宮本殿 西宮本殿 旧外川家住宅 神殿 風呂 金鳥居 東口本宮冨士浅間神社 新屋山神社
 7月20日に横浜市瀬谷区にある長屋門公園を訪れました。(X23.8.1)
長屋門公園は、古民家を中心とする歴史体験ゾーンと、杉林・散策路を中心とする自然観察ゾーンがある。歴史体験ゾーンには、横浜市認定歴史的建造物に認定されている旧大岡家長屋門と旧安西家主屋や、土蔵・井戸がある。
【旧大岡家長屋門】
二階は養蚕室として使用されており、養蚕が行われていた当時は、近隣に製糸工場が存在した。木造二階、切妻造、桟瓦葺で明治20年(1887年) に建築された。
【旧安西家主屋】
横浜市泉区和泉町の安西家の主屋であったが、平成2年(1990年)に横浜市に寄贈され、長屋門公園に移築された。木造平屋、寄棟造、茅葺で江戸中期後半(18世紀末)
旧大岡家長屋門 三和土 旧安西家主屋 荒壁 三和土
 6月18日に東左職連青年部平成会と技能開拓委員会主催で「ボード下地に土壁施工工法 (基礎編)」が開催され出席しました。令和4年5月に国土交通省が不燃材料に土壁が承認を受け、建築基準法の内装制限の場所に土壁仕上げが可能になり、若年技能者会員が、 土壁を正しく理解してもらうための講習会でした。「現代の名工」の東京都左官職組合連合会・木村一幸さんが講師で、日左連編 「壁土を不燃材料として建築物に用いる場合の壁 土仕上げ標準施工要領」 の概略説明と実技編で下地処理、壁土の練り、中塗り(実技練習)を行いました。(X23.7.1)

 6月3日に日左連青年部第58回総会が開催され出席しました。全会一致で議案が承認されました。 (X23.7.1)

また、大阪城、適塾及び中央公会堂を見学しました。
【大阪城】
江戸時代初期から後期にかけて建てられた櫓や門、蔵など建物13棟および内堀と外堀が現存し、城跡は国の特別史跡に指定されている。天守は昭和6年(1931)にSRC構造で建築され、徳川時代に再建された天守台石垣の上に豊臣時代の大坂夏の陣図屏風絵などを参考に模擬復興された創作物であるが、築90年近い現在は登録有形文化財となっている。
【適塾】
緒方洪庵が江戸時代後期に大坂船場に開いた蘭学の私塾で天保9年(1838)に開学した。幕末から福澤諭吉、大村益次郎など多くの名士を輩出した。大阪の中心部に当時の町屋が現存している事例は非常に珍しく、重要文化財の指定を受けている。
【中央公会堂】
明治44年(1911)、株式仲買人である岩本栄之助が寄付し建設計画が始まり、岡田信一郎のデザイン案が選ばれ、辰野金吾・片岡安が実施設計を行った。大正7年(1918)に鉄骨煉瓦造地上3階・地下1階建ての構造で完成した。意匠はネオ・ルネッサンス様式を基調としつつ、バロック的な壮大さを持ち、アーチ状の屋根となっている。国の重要文化財となっている。
大阪城天守閣 大阪城より 旧旧第四師団
司令部庁舎
適塾入口 適塾外観 中央公会堂 中央公会堂外観 大阪府立中之島
図書館
 6月4日に京都を散策しました。(X23.7.1)
【西本願寺】
正式名称は龍谷山本願寺で、浄土真宗本願寺派の本山です。本尊は阿弥陀如来です。西本願寺は親しまれる愛称であり、京都市民からは「お西さん」とも呼ばれています。創建は文永7年(1272)であり、その後数度の移転を経て、豊臣秀吉の寄進により現在の場所に移されました。本堂や御影堂などいくつかの建物が国宝に指定されており、書院や唐門も重要な建築物です。
【東寺】
山号は八幡山で真言宗の総本山です。本尊は薬師如来です。平安京の鎮護のために建立され、後に嵯峨天皇から空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えました。東寺は五重塔や金堂などの建築物があり、五重塔は日本一の高さを誇り、金堂には薬師如来坐像や日光菩薩、月光菩薩の像が安置されています。東寺は信仰の対象となり、庶民の信仰を集めるようになりました。東寺は国の史跡に指定され、古都京都の文化財の構成資産としても世界遺産に登録されています。
【長楽館】
煙草事業の実業家 村井吉兵衛が、故郷の京都に迎賓・社交の館としてアメリカ人技師・ J.M.ガーディナーの設計で明治40年(1907)に建築しました。地上3階、地下1階の建物は多くの調度品と共に京都市有形文化財に指定されています。
【東華菜館】
建物はウィリアム・メレル・ヴォーリズによる設計でスパニッシュ・バロック様式の建物です。西洋料理店(戦時中、北京料理のシェフの手に渡った)のため、大正15年(1926)に建てられた。彼は学校や教会建築を数多く手がけたが、生涯唯一のレストラン建築であった。現存するエレベータは1924年OTIS製で日本に現存する最古級のエレベータである。
西本願寺阿弥陀堂 西本願寺唐門 西本願寺飛雲閣 本願寺伝道院 東寺五重塔 東寺金堂 東寺観智院 長楽会正門 長楽館外観 東華菜館 東華菜館より
 6月26日に現場確認のため工事中の横浜市・横浜開校記念会館に行きました。工事は砂漆喰を下地に漆喰仕上げを行っていました。(X23.7.1)

【横浜開校記念会館】
横浜港開港50周年記念事業として、1917年(大正6年)に完成したが、関東大震災時に全焼した。1927年(昭和2年)に初期の建築を復元し、昭和2年の再建時に省かれたドーム部が1989年(平成元年)に再建された。 基本構造設計は福田重義と山田七五郎が行ない、建築様式は、辰野式フリークラシックと呼ばれる様式で、煉瓦造(一部RC、SRC造)、地上2階建+塔屋5階建、地下1階建の構造・規模 となっている。 大阪市中之島公会堂などと並び、大正期の公会堂建築の中では有名な建築物の一つで、「ジャックの塔」の愛称で親しまれており「横浜三塔」の一つに数えられる。写真はwikipediaより
 6月30日に現場確認のため工事中の流山市・近藤勇陣屋跡のに行きました。工事は土葺き瓦は取り除かれ、壁面の漆喰剥がしを行っていました。(X23.7.1)

【近藤勇陣屋跡(国登録有形文化財)】
所有者である秋元家は、明治期から酒やみりんなどの卸小売業/醸造を営み、土蔵は、同じく本町で呉服商を営んだ「三河屋」の蔵を買い取り、移築したものであり、建築年代は江戸末期と推定される。切妻造桟瓦葺妻入の構造で、半間ごとに柱を立て小屋を二重梁とし、戸前の観音扉は四段の掛子塗りとされて堅牢な造りになっている。 鳥羽・伏見の戦いで官軍に敗れた選組局長の近藤勇が1868年(慶応4年)流山に移って陣を敷き、最後に構えた陣屋跡である。最後は近藤勇が新政府軍により包囲され単身投降した。写真はwikipediaより
 6月30日に千葉県流山市を散策しました。(X23.7.1)
江戸川沿いに位置する流山駅周辺には歴史的町並みが残り、行灯が燈る流山本町の町並みは「行灯回廊」や「江戸回廊」とも呼ばれている。古民家を活用したカフェや交流スペース、宿泊施設への活用が取り組まれ観光活用している。
 
【呉服新川屋店舗(国登録有形文化財)】
呉服新川屋は、同地区の中央部に建つ弘化3年(1846)創業の商家である。店舗は、土蔵造2階建、瓦葺。2階部分は、2部屋の座敷と納戸で構成されており、建築年代は同家に残された棟札から、明治23年(1890)に大工土屋熊五郎によるものと判明している。
【寺田園旧店舗(国登録有形文化財)】
茶や乾物の販売を昭和38年まで商ってきた。黒漆喰仕上げになる本格的な土蔵造2階建店舗で、明治22年(1889)の建築で、正面7.3m、奥行8.5mの寄棟造桟瓦葺で、前後に深い下屋を張り出し、前寄りを広く店とし、後方や2階に居室や台所を配している。
【清水屋本店店舗兼主屋(国登録有形文化財)】
清水屋は、流和菓子屋で、創業は明治中期と伝えられている。建物は店舗兼主屋となっており、背面北寄りに寄棟造平屋建の住居部を突出し、正面に「清水屋本店」と記したモルタル製のパラぺットがある。2階の軒は浅い出桁造とし、南面の窓には腰高の高欄がつく。
【笹屋土蔵(国登録有形文化財)】
笹屋は、江戸日本橋「越後屋」(三越百貨店の前身)の出入りの仕立屋「笹屋」の暖簾分けとして、幕末の万延元年(1860)に起業した。現存する土蔵は、明治31年(1898)に移築したもので、土蔵造2階建、桁行6.4m、梁間4.5mの東西棟で、切妻造桟瓦葺である。西側の妻には両開する土扉を持ち、外壁は漆喰塗で、鉢巻と腰を黒漆喰塗とし、
呉服新川屋店舗 寺田園旧店舗 清水屋本店店舗兼主屋 笹屋土蔵
 5月19日に日左連第63回総会が開催され出席しました。全会一致で議案が承認されました。 また東左連が第14回日左連の左官工事PR部門最優秀賞を受賞表彰がありました。(X23.6.1)

また、岡山城、倉敷美観地区及び閑谷学校を見学しました。
【岡山城】
戦国時代に宇喜多秀家が安土城天主を模したる4重6階の初重平面形状が歪んだ多角形をしている天守を取り囲む城郭を建造した。また郭の代りとして、1700年(元禄13年)に「後園(後楽園)」が築かれた。明治時代に重要文化財に指定された月見櫓等を除いて御殿・櫓・門の大半が取り壊され、戦後に天守等がコンクリート造で再建された。
【倉敷美観地区】
江戸時代初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ、以来備中国南部の物資の集散地として発展し白壁なまこ壁の屋敷や蔵が並び、天領時代の町並みをよく残している。倉敷川畔伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。
・旧大原家住宅 - 国の重要文化財で、1795年(寛政7年)②建築が始まり以後増改築を重ね明治中期に現在の形になった。主屋に接して内倉と離座敷があり、敷地北側は路地に面して5棟の倉が立ち並び、独特の景観を形作っています。
・大原美術館本館(薬師寺主計) - 1930年(昭和5年)に建てられ、90歳以上というレトロ建築ですが関東大震災を経験した薬師寺氏ならではの耐震設計がなされています。
・倉敷公民館(浦辺鎮太郎) - 蔵の町になじむ白壁とと張り瓦の大きな箱舟のようにも見えてくる不思議な建物です。
・旧中国銀行(薬師寺主計) - 登録有形文化財で、第一合同銀行倉敷支店として1922年(大正11年)に竣工したルネサンス風の建築物です。
【閑谷学校】
1670年(寛文10年)、岡山藩主池田光政によって開設された日本最古の庶民学校である。講堂が国宝に指定され、石塀など24棟が国の重要文化財に指定されている。
岡山城天守 月見櫓 旧大原家住宅 大原美術館本館 倉敷公民館 旧中国銀行 講堂外観 講堂内部 石塀
 5月23日に日左連広報委員会が開催されました。5-6月号について討議しました。 (X23.6.1)
 5月22日に東左職連の日暮里支部例会が開催されましたが、5/19日左連総会岡山大会、5/26日左連総会等について討議しました。 (X23.6.1)
 5月14日に埼玉県左官協同組合、埼左協青年部及び埼玉県技能士会の総会が開催されましたが、所用があり欠席しました。 (X23.6.1)
 5月14日に山鳴庵の保全活動が開催されました。今後の予定は、5月11日(日)及び6月14日(日)に保全活動を開催します。(X23.6.1)
 5月23日に神奈川県建築士事務所協会が開催した”木造建築物の基本講座(2)”を受講しました。木造建築物を設計する際に確認していなくてはならない仕様規定を、法文を見直しながら改めて学習しました。また2025年改正に対応するために、現行の仕様規定を十分に見直し、法改正に対してスムーズな移行をするための情報を得ました。(X23.6.1)
 5月6日に横浜・関内の伊勢佐木町と横浜・桜木町の野毛を散策しました。(X23.6.1)
【伊勢佐木町】
伊勢佐木町は、明治7年(1874)に道路改修費用を寄付した伊勢屋中村次郎衛)、佐川儀右衛門、佐々木新五郎の名前に由来し、明治時代から商店などが集中したため、現在でも明治創業の店舗が残っています。関東大震災により壊滅した横浜の街を復興させるために昭和(1926)に建設したイセビル、関東大震災で焼失し昭和13年(1938)に再建された不二家横浜センター店及び昭和31年(1956)に竣工した有隣堂書店本店を見学しました。
【野毛】
町名の「野毛」は「ノツケ」(「突端」または「崖」を意味)から転じたとされ、江戸時代末期に東海道と横浜港を結ぶ横浜道(よこはまみち)が拓かれて交通の要所となった。戦後伊勢佐木町が駐留軍に接収 されが、野毛は接収されなかったので何でも揃う」という街になりました。昔からのお店は少なくなりまし たが、三河屋茶屋、波まや(ハマヤ)呉服店、金久保果実店、稲垣薬品工業、 会星楼、ミナト鞄店(洋品)、沙羅双樹(喫茶 琥珀)、あぐら亭など老舗店がの残っています。 また、昭和39年(1964)に鉄骨造地上2階地下1 階建•陸屋根鉄板葺で建てられた野毛都橋商店街ビルを見学しました。大岡川の宮川橋と都橋の間の川沿いの道路上に建てられた共同店舗で平成28年(2016)に横浜市の歴史的建造物に登録された。
イセビル 不二家横浜
センター店
有隣堂書店本店 野毛都橋商店街
ビル
三河屋茶屋 波まや
 4月3日に東左職連中野支部が主催した新井山梅照院での太子講に参列しました。左官関係者約40人が参加し、本堂でのお焚きあげ、太子像の前での法要の後、直会が盛会裡に終了しました。(X23.5.1)

【太子講】聖徳太子が、四天王寺や法隆寺などの巨大建築に関わり諸職を定めたという説から、建築、木工の守護神として崇拝されたことが発端です。新井山梅照院に昭和35年(1960年)に聖徳太子像が建立されました。毎年4月に「太子講祭」を行なっています。
 4月7日に東左連が主催した新小岩香取神社境内での第55回こて塚祭祀に参列しました。祭祀に沿って東左連会長、関係者に引き続き玉串を供えました。今年度はコロナ禍により東左連の運営委員のみの列席としてまた直会が休止としました。(X23.5.1)

【鏝塚】伝統ある「鏝」技能を伝承した江戸川区左官同業者の発起により東左連会員一同が「鏝」の労を労い、感謝の意を表するために、昭和44年(1969年)に新小岩厄除香取神社の一角に鏝塚を建立し、毎年4月に「鏝」の慰霊祭を行なっています。
 4月7日に鏝塚祭祀に合わせ約15年前に施工した錦糸町にある丸井の食堂階に行きました。殆どがリニューアルされており、唯一ピザ窯のみが残っていました。(X23.5.1)

 4月2日に都筑区川和小コミハ主催の「春の川和さんぽ~川和の春の花をたずねて~」イベントで、川和にある大木(高さ16mの無患樹ムクロジュ)、春の桜(妙蓮寺の桜等)、由緒ある植物(横浜の名がついた植物“ヨコハマダケ)を巡りました。(X23.5.1)

 4月28日に武蔵野プレイス・ギャラリーで現代美術展「あたえられた土地と土」を見学しました。絵画、映像、インスタレーションなど表現手法の異なる5人のアーティストが、制作した作品が展示されていました。あじま左官工芸・榎本留衣さんの什器製作等も展示されていました。(X23.5.1)


JR武蔵境駅前にある現代美術展が開催された武蔵野プレイスは、円形の窓が並び丸みを帯び図書館と市民活動の場を合わせた公共施設の白い建物で、kw+hgアーキテクツ(比嘉武彦・川原田康子)が設計し2016年に日本建築学会賞を受賞しています。

 5月23日に神奈川県建築士事務所協会が開催した”木造建築物の基本講座(1)”を受講しました。木造建築物を設計する際に確認していなくてはならない仕様規定を、法文を見直しながら改めて学習しました。また2025年改正に対応するために、現行の仕様規定を十分に見直し、法改正に対してスムーズな移行をするための情報を得ました。(X23.5.1)
 3月23日に日左連広報委員会が開催されました。5-6月号について討議しました。 (X23.4.1)
 3月7日に東左連広報委員会が開催され、東左連令ホームページ、令和5年度予算等について討議しました。(X23.4.1)
 3月7日に東左連技能開発委員会が開催され、令和5年度左官検定試験、令和5年度予算等について討議しました。(X23.4.1)
 3月16日に神奈川県建築士会が開催した”防災・災害時対応とスキルについて”に出席しました。防災イベント「何をどう 大災害に備える?」報告及び建築士の災害時対応 相談・復旧スキルについて講演がありました。(X23.4.1)

 3月14日に横浜市建築局建築防災防課が開催した”令和4年度木造住宅耐震診断士講習会”に出席しました。建築防災課より耐震診断の現況及び診断に関する注意点及び横浜市建築士事務所協会から耐震診断報告のインプット時の注意点が報告されました。(X23.4.1)

 3月6日に横浜市都筑区総務課が開催した”令和4年度都筑区防災・減災講演会”に出席しました。アウトドア防災ガイド・あんどうりす 氏より身近なグッズから防災力アップ&女性が造(つく)る地域防災について講演がありました。(X23.4.1)

 2月13日に東左連が開催した”これからはじめるインボイスの実務対応”に出席しました。税理士・山下雄次さんが講師でした。(X23.3.2)
 2月16日に神奈川県建築士会が開催した”建築士として知っておこう!!消費税インボイス制度説明会”に出席しました。東京国税局・深田亙さんが講師でした。(X23.3.2)
被災住宅建築士アドバイザー:資格制度ではなく、相談業務をとうして、被災者支援に貢献する建築士

 1月29日に東左連が開催した”左官伝統工法を見る講習会(土壁編)”に出席しました。(X23.2.2)
前半は座学で、昨年(2022年)壁土が不燃化された内容を、日左連の鈴木光先生と土壁の施工事例を左官職人久住有生さんが説明されました。後半は、土壁の施工方法(配合、下地、仕上げなど)を久住有生さんが実際に塗りながら分かりやすく解説されました。

 1月18日にかながわ住まいまちづくり協会が開催した”被災住宅建築士アドバイザー募集説明会”に出席しました。後日、登録依頼があれば引き受けるつもりです。(X23.2.2)
被災住宅建築士アドバイザー:資格制度ではなく、相談業務をとうして、被災者支援に貢献する建築士

 建築士法第23条の6の規定により、建築士事務所の開設者は、事業年度ごとに、「設計等の業務に関する報告書」を都道府県知事への提出の義務付けに基づき、1月5日に神奈川県建築安全課に報告書を提出し、受理されました。(X23.2.2)
 12月4日に上野寛永寺を中心に散策し見学しました。開基(創立者)は江戸幕府3代将軍の徳川家光、開山(初代住職)は天海であり、徳川将軍家の祈祷所・菩提寺であり、徳川歴代将軍15人のうち6人が寛永寺に眠る。幕末の動乱期に主要な伽藍を焼失しています。(X23.1.1)
正門 本堂(根本中堂) 徳川綱吉霊廟勅額門 書院 銅鐘 本坊表門鬼瓦 清水観音堂 弁天堂
 12月6日、東京駅近くの1854年創業の左官鏝等の道具小売店の「西勘本店」を訪れて、鏝絵を拝見しました。江戸時代末期の安政元年業祖・西田屋勘蔵が京橋の地に、金物屋を開いてから、脈々と培ってきており、左官鏝を全国に広めた4代目水谷憲太郎、トミ夫妻が「西勘本店」を発展させました。(X23.1.1)
 
 12月15日に伊豆の国市の北条時政・北条義時にまつわるお寺及び江川邸を見学しました。(X23.1.1)
「願成就院」源頼朝の奥州藤原氏征討の戦勝祈願のため、北条時政が建立した。運慶作の国宝仏5体をはじめ、宝物館では政子地蔵なども拝観できます。境内には義政の墓が建てられています。
 
「北條寺」鎌倉幕府第二代執権•北条義時ゆかりの寺です。慶派仏師の作と伝わる仏像「阿弥陀如来像」、北条政子が奉納した「牡丹鳥獣文繍帳」など多くの貴重な文化財を所蔵。境内には義時夫妻の墓が建てられています。
 
「江川邸」韮山反射炉を築造した江川英龍が治めた韮山代官所を含む旧邸宅で約400年前に建てられた主屋とともに、書院、仏間、門、蔵などが国の重要文化財に指定されています。また江戸幕府の代官所だったことから、韮山役所跡として国の史跡に指定されています。
 
 12月15日に引き続いて沼津市の三嶋大社及び松城邸を見学しました。(X23.1.1)
「三嶋大社」古くより三島の地に御鎮座し、三嶋大明神と称せられ、中世に入ると、伊豆国の一宮として源頼朝始め多くの武家からの崇敬を集めた。嘉永七年の東海大地震により、社殿工作物悉く倒潰したが、10年の歳月を費して完成した。その後、大正12年の関東大震災、昭和5年の伊豆震災の復旧工事と平成11年御大礼を記念し補修工事が行われました。
 
「松城邸」地元の大工である植田儀兵衛によって、1873年(明治6年)に上棟され、平成18年(2006)に敷地内にある「主屋」「ミセ」「文庫蔵」「東土蔵」「北土蔵」「門」「塀」の7棟の建造物が国の重要文化財に指定された。平成28年(2016)に保存修理事業として調査が開始され、平成29年(2017)に建物の保全と耐震化を目的に大規模修繕工事が始められ、令和4年(2022)に復元した。主屋には入江長八の漆喰彫刻が施され、土間入口外側の「牡丹」、1階マエナンド天井の「秋の実り」、2階天井の「龍」、2階南側縁の「雨中の虎」などがある。
 
吉村さん擬木施工 宮城県立美術館 美術館外壁 美術館内壁 大崎八幡宮本殿拝殿 大崎八幡宮 復興施設の内壁 内壁詳細(しっくい)